額縁・額装・ディスプレイ用画材(モールディング)・デジタル版画工房

ジンプラ公式 Facebook


額縁の種類と構造 | 額縁のサイズ | 額縁の取扱い | 額縁の歴史 | 額縁の使命 | 額縁の選び方 |  額縁の製造行程
1 額縁は、あらゆるジャンルの絵画を引き立てる『衣裳』である。
2 額縁は、けっして単体では存在せず、絵画とともにあって、あるときはその一部となり、あるときはそれと一体となって、
 作品に息吹を与え、見る人に作品の魂を伝えるステージともなる。
3 額縁は、絵画とともにあって初めてその存在価値が生まれる一方、絵画のために自らの存在価値すら捨て、
 絵画の永遠の息吹の原動力となる。
4 額縁は、表舞台に顔を見せながらも、完全に裏方でなくてはならない。
5 額縁は、その絵を生かすツールであり、その絵が輝いたり、その絵からうれしい、うっとりと心休ます光波の発信が
 なされなくてはならない。
6 額縁は、枠であっても閉じ込めるものではない。むしろそこで絵画が躍動するステージである。